黒田百年桜

ー京都市京北にある黒田桜見物に出かけましたー 普通のヤマザクラだと思いなぎになく植えたもののこれが突然変異により一重と八重が混じって一緒に咲く種とわかり、昭和42年に樹齢100年であることと、明治100年にあたることから「百年桜」命名されたそうです 道を挟んで向かいにある広場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常照皇寺の桜

ー本日は京都市右京区京北町の常照皇寺に寄せてもらいましたー 常照皇寺は光厳天皇(1313~1364)によって貞治元年(1362)に開かれ、歴代天皇の帰依を得た皇室ゆかりのお寺です お寺のふもとにある広場です 「左近の桜」です 御所から株分けされたそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天神川の桜

ー京・天神川・川沿いの桜ー 京都の西の方角に流れる天神川 その川沿いに沿って北は一条通リ位から南は五条通リ下がる辺りまで延々と桜が連なっています 天神川御池あたりです 高辻あたりです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸山公園

ー京都・丸山公園の桜ー 今日は京・東山の丸山公園の超有名な桜見物です さすが知名度・人気度抜群、桜の老舗中の老舗ともいわれます 多くの見物の方で賑わっていました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背割りの桜

ー背割り桜 正式に淀川河川堤の桜ですー 背割り堤は京都府八幡市にある堤防で宇治川(淀川)と木津川の合流部に全長1.4kmにわたって2つの河川を区切るように設置されていて、洪水発生時に両河川をスムーズかつ安全に合流させる役割を果たしています 背割り桜はこの堤防の上に植えられたものだそうです …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修学院離宮Ⅱ

ー修学院離宮Ⅰからの続きですー 中離宮を見終わって次に向かいます 松並木道(御馬車道)を通って次の上離宮に向かいます 「大刈込み」です 谷川をせき止めて池(浴龍池)を作った土堤に石垣で四段に土留めをし、石垣上部の斜面を数十種類の常緑樹を混植して広大に刈り込んだ大刈込みで覆っているそうです …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修学院離宮Ⅰ

ー本日は京都の北の方角にある修学院離宮を訪れました(参観)ー 修学院離宮は明暦元年(1655)に後水尾上皇によって造営工事が起こされ、万治2年(1659)に完成した山荘です。上・中・下の三つの離宮(御茶屋)からなっています。 参観者入り口 杮葺の屋根と花菱紋の透かし彫りが施してある板戸の「御幸門」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手鞠鮨

  ー本日は手鞠鮨(てまりずし)と日本茶で今、売り出し中の宗田(そうでん)さんに寄せてもらいました 場所は中京区新町通り三条上がるです 交差点から北の方角を見ています 宗田さんの白い建物です 木で出来た重厚な入り口扉です 手鞠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかきた

ー本日のわいがや食事会はうわさのめん処「おかきた」にやってきました 丸太町通りより南の方へ歩いています どんどん南の方へ下がっていきますと、なにやら人が群がっています これが噂の行列です まだ午前中なのにこの行列はどうなるんでしょうか? 入り口にある暖簾です 入り口付近にはメニューがあります店内に入り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画と食事

ー本日は映画と食事とのコラボです 映画鑑賞 題名は「ナチス第3の男」です 2017年 英仏ベルギー合作 上映時間120分  ナチスドイツのラインハルト・ハイドリヒと彼の暗殺実行者についてつづったローラン・ピネの小説を映画化した歴史ドラマ。  映画は2部構成の感があり、前半はヒトラー・ヒムラーに次ぐ第3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都平安ホテル

ー本日は京都平安ホテルにてわいがや会食いたしました 場所は烏丸通リ沿いにあります。右側のほうが京都御苑です。 ホテルに付随した駐車場です 当ホテル自慢の小川治兵衛作・池泉回遊式日本庭園です さすがホテルの和食懐石で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食堂

ー本日は京都の街の真ん中にある気軽に入れる食堂に寄せてもらいましたー 和食がリーズナブルなお値段で食することができるユニークなお店です(店の名前もユニークです) メニューもいろいろあり、気軽にご賞味いただけます おばんざい食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more