テーマ:紅葉

醍醐寺の紅葉

ー醍醐寺の紅葉を堪能いたしましたー 醍醐寺は本来桜の名所でありますが、なかなかどうして紅葉処もしっかりと存在感があります。 しかしこの場所は一番奥深いところにありまして知る人しか知らない、いわば穴場的な場所にあります。 その場所は弁天堂がある弁天池の周りにある紅葉群です。 そこで池の周りをぐるっとまわりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神護寺

ー本日は   平安京造営に力を発揮された和気清麻呂      この方が建立された神護寺に寄せてもらいましたー 雨の日にもかかわらず、さすが人気処・紅葉処。大勢の方が訪れておられました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北野天満宮・お土居の紅葉

ー京都北野天満宮のお土居に展開する紅葉群落です 北野天満宮にあるお土居の中は辺り一面どちらを向いても紅葉・紅葉で圧倒されます もちろん大勢の参拝客で賑わっています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝筐院

ー本日は紅葉寺・文句なしに紅葉狩りに出かけました さすがたくさんの参拝者で賑わっています。 境内全域ですべてこれ紅葉・紅葉です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥嵯峨

ー紅葉を求めて奥嵯峨へ足を運びました。 この辺りは観光客もぐっと少なくなり落ち着いて散策ができます。一方時期的に紅葉真っ盛り中で辺り一面紅葉だらけという感じです。ですから目移り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河内山荘

ー嵐山の名園 大河内山荘に寄せてもらいました 大河内山荘は百人一首で著名な小倉山の南面に、時代劇の名優大河内傅次郎(1898~1962)が、昭和6年(34歳)から64歳で逝去するまでの、30年の歳月にわたり、こつこつと創りあげた庭園です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野宮神社

良縁・子宝・学問の神様   ー野宮神社(ののみやじんじゃ)- 嵐山の北西方面にあるの野宮神社に参拝いたしました。 嵐電嵐山駅から北西方面徒歩10分位の場所にあります。 この竹林を抜けるとすぐのところにあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山崎山荘

ーアサヒビール大山崎山荘美術館へ出かけましたー JR大山崎下車 改札を出て左へ線路沿いに100m なかなか遮断機が上がらない踏切を北の方へ 踏切を渡るとすぐこの案内板があります …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇王寺

ー京・奥嵯峨 祇王寺ー 祇王寺は竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵です。「平家物語」にも登場し、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより都を追われるように去り、母と妹とともに出家、入寺した非恋の尼寺として知られています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永観堂

ー本日は京都で超人気のある絶景スポットのひとつである永観堂の紅葉処に寄せてもらいましたー まずは入り口から さすが人気度抜群処で大勢の方が押し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大宝院

ー京 妙心寺 大宝院ー 秋になるとその実力を十分に発揮する、ここ京都・妙心寺・大宝院です その公開日にやってきました そして思いっきり活写いたしました 大宝院の場所は広い妙心寺の中ほどを西のほうへ入った突き当りにあります 門を入るとすぐに・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無鄰菴

ー京都・無鄰菴は山形有朋(1838~1922)の別邸で7代目小川治兵衛の作庭ですー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロッコ紅葉まっただ中をゆく

ー京都・秋・紅葉ー 今の季節 京都はどこえいっても紅葉真っ盛り 今回は鷹峰方面 最初の訪問先源光庵に着いてみて驚いた 朝早くからすごい人の波 でも混みこみはこの場所だけ あとはスイスイローラ 穴場的な場所です 源光庵~吟松寺~しょうざん~金閣寺~白梅町 全行程 5km 10000歩 2時間 お昼のわいがやは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉が待ちきれなくて

ーグラウンドゴルフと地鶏すき焼きー 今回もおおもりサンバレー わいがやメンバー総出演 徐々に皆さんレベルアップ トップ賞は意外な人 自前のステイック効果か?? 勢い勝手あいかわらずの食欲おおせい 地鶏すき焼き ビール 日本酒 焼酎 おおもりさんの大盛りで大いに盛り上がる お土産にお寿司いただきました 紅葉 少しは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more