うずしお

ー鳴門の渦潮ー

淡路島・鳴門のうずしおクルーズに出かけました

渦潮観賞は淡路島の南のほう、道の駅福良からクルーズ船(咸臨丸、日本丸)に乗って現地へ行きます

鳴門海峡の自然現象
 ➀海峡に発生する段差ー最大1,5m
 ⓶日本最速、壮大な潮流ー時速20km
 ③海峡に咲く渦の花

鳴門海峡に速い潮流が生まれる理由
 ➀淡路島の南部に位置する太平洋側が満潮になると、潮は紀伊水道を通り大阪湾に流れ込んでゆきます。
 ⓶大阪湾へ流れ込んだ潮はやく6時間かけて淡路島を、一周して播磨灘へたどり着きます。
 ③播磨灘が満潮に鳴る頃、紀伊水道はちょうど干潮になっており、、鳴門海峡を挟んで満潮(播磨灘)と干潮(紀    伊水道)が隣り合わせに存在するというとても珍しい現象が発生します。
 ④その結果、満潮側から干潮側に勢い良く潮が流れ込み、日本一早い潮流が生まれます。

速い潮流と遅い潮流が交わる時、渦潮が発生
 ➀海峡の中心部はとても速い流れが生まれ、両沿岸部は穏やかな潮流になります。
 ⓶2種類の流れの速度差により回転力が生まれ、渦が発生します。

画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像


画像



画像



画像



画像



画像



画像


画像



画像


画像



画像



画像



画像



画像


画像



画像



クルーズ船に乗り実際に見るうずしおは空気を揺さぶるよう船上にも伝わり、潮の流れとともに轟音を立て迫力満点です。とても静止画では表現できません。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック